ページスタート本文にジャンプできます。メニューへジャンプできます。トップページへ戻ります。
ビジュアルエリアスタート
news

ホームお知らせ2009年 > 09月17日

コンテンツエリアスタート
ここから本文です。

お知らせ

2009年09月17日

「重度障害者の在宅就業において、福祉施策利用も視野に入れた就労支援のあり方に関する調査研究事業」を開始しました。

このたび、社会福祉法人東京コロニーは「平成21年度障害者保健福祉推進事業」を受託いたしました。

研究調査の概要は以下です。
年度末には報告書にまとめる予定ですので、ご期待ください!。

障害者保健福祉推進事業(障害者自立支援調査研究プロジェクト)
事業名
重度障害者の在宅就業において、福祉施策利用も視野に入れた就労支援のあり方に関する調査研究事業
事業実施予定期間
平成21年4月1日から平成22年3月31日
事業の具体的内容
在宅就労の様子働く意思と能力があっても、単独での移動や食事、トイレ利用等が難しいため仕事につくことができない方々は多い。そうした方を支援する在宅就業支援の活動が始まり、平成18年には在宅就業障害者支援制度も生まれた。結果、重度障害者が在宅で働くことが可能であることが数々のケースで世に示されたが、支援団体の運営の安定性の課題もあり、支援団体数は予想ほど増加していない(現在登録数18団体)。
そこで、全国の支援団体の現状課題を丁寧に調査しながら、同時に在宅就業支援団体でもある社会福祉法人東京コロニーが、運営安定への一つの策として、就労継続支援事業(B型)の中で在宅就業支援を後押しできないか、実際に試行しながらその課題点を探る。
このページの先頭へ

PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が、またFLASHコンテンツをご覧頂くためには「Adobe Flash Player」が必要です。下記より入手(ダウンロード)できます。

  • Get Adobe Reader
  • Get ADOBE FLASH PLAYER

このページはアクセシビリティに配慮して作成されており、障害者や高齢者に優しいページとなっております。

  • Valid XHTML 1.0 Transitional
  • Valid CSS!
  • WebInspectorチェック済み
  • ColorSelectorチェック済み
  • ColorDoctorチェック済み

ページエンド